中学になる娘のワキガ対策は何をしてあげられる?手術以外のワキガ対策

(記事タイトル・メスが映っている画像)

もし、自分のお子さんが急にワキガの臭いがするようになったら、親として何をしてあげられるでしょうか。

ワキガの原因となっているアポクリン腺という汗腺は、子どもの頃はまだ汗を出す働きはないのですが、中学生くらいになると急に活発に汗を出し始めます。

中学生くらいはちょうど成長期になるので、体にもいろいろな成長が見られ、ホルモンバランスも大きく変化するため、アポクリン腺も刺激を受けて成長するんです。

特に中学生の女の子の場合は、自分や他人の臭いにも敏感になってくる時期ですが、そんな時に自分がワキガのような臭いが始まったら、とてもつらい思いをするでしょう。

もし、親がそのことに気付いたら、できることがあればやってあげたいと思いますよね。

 

ワキガを治すというと、手術という方法がすぐに思いつくかもしれません。

ですが、中学生くらいの場合は、まだアポクリン腺も成長途中ですし、手術してもその後に成長するアポクリン腺もあるため、ワキガが再発する可能性がとても高いです。

手術にはデメリットもたくさんありますので、まずは簡単で安全な方法でワキガ対策をしていくことをおすすめします。

大事なのは臭いを抑えること

中学生の女の子にとって、自分から臭いと思われる臭いがするというのは本当に耐えがたいことです。

まずは、ワキガの臭いを少しでも抑えて、他人に臭いを気付かれないようにしてあげましょう。

ワキガの臭いは、アポクリン腺からの汗に、わきの常在菌が分解して繁殖することで発生するので、その細菌の繁殖を抑えれば臭いも抑えられます。

市販のデオドラントは、細菌の繁殖を抑えたり、制汗の効果もあるので、ワキガの原因菌を抑えて臭いも防ぐことができます。

ですが、ワキガには効果はあまりないので、一日に何度も塗りなおす必要があるかもしれません。

 

ネット通販限定になりますが、ワキガ専用のデオドラントクリームがあり、市販のデオドラントよりも効果が高く、また効果の持続時間も長いので、ワキガに悩む中学生におすすめです。

それなら、汗をしっかり抑えて、殺菌することで臭いの原因菌をなくすことができますよ。

効果が持続するので1日2回、朝と夜に塗るだけでワキガの臭いを抑えることができるのもうれしいですね。

夜は、お風呂に入って清潔にした状態でクリームを塗れば、朝まで細菌も繁殖しにくい状態に保てますし、朝は学校に行く前に一度塗るだけで夜まで汗と臭いが抑えられるんです。

制汗剤にも使われるミョウバン水も効果あり

市販のデオドラントの代わりに、ミョウバンを使って自分で制汗剤を作っている人もいます。

ミョウバンには、収れん作用があるので毛穴を引き締めることで制汗効果があり、また殺菌作用もあるのでワキガの原因菌を殺菌することができますよ。

また、ワキガの原因となっているアポクリン腺から出される汗はアルカリ性なのですが、ミョウバンは酸性なので、中和することで臭いを抑えることも可能です。

ミョウバンはドラッグストアやスーパーで簡単に購入することもできるので、ぜひミョウバン水を作って試してみてください。

ミョウバン水は、水道水500mlの中に、ミョウバン20gを混ぜるだけで完成です。とても簡単ですね。

そのミョウバン水をスプレーボトルに入れれば、デオドラントスプレーとして使うことができますよ。

まだ軽度のワキガなら、このミョウバンのデオドラントスプレーで汗と臭いは抑えられるのではないでしょうか。

小さいボトルに入れておけば、学校に持って行って使うこともできるし、簡単に作れるのでまずは試してみてくださいね。

デオドラントやミョウバン水を使う前には、わきの下が不衛生だと意味がないので、わきの下の汗をきれいにふき取って、清潔な状態にしてから使いましょう。

コメントは受け付けていません。