中学生になるとワキガの臭いが強くなる?娘の為に親がしてあげられること

(記事タイトル・女子中学生が悩んでいる画像)

中学生くらいになって急にワキガの臭いがするようになると、それまで全然におわなかったのにと不思議に思うかもしれませんね。

もし自分の娘がワキガになってしまったら、どうしてあげたらいいのか分からなくて困るかもしれません。

それまでワキガでなかったのに、なぜ急にワキガになってしまったのか訳が分からないという人もいるでしょう。

原因も分からないから、ちゃんと対策できないなんてことになると、ワキガはどんどんひどくなってしまうかもしれません。

まずは、ワキガのメカニズムを知ることで、ワキガ対策も考えていけるようになりますので最後までご覧になってみて下さい。

中学生になってワキガになるのはなぜ?

ワキガの人とそうでない人の大きな違いは、アポクリン腺という汗腺の有無や数の多さなんです。

アポクリン腺とは、わきの下や陰部、耳の中に分布している汗腺で、生まれつきその数は遺伝によって決まっています。

ワキガの人はアポクリン腺を多く持っているのですが、まだ子どもの頃にはアポクリン腺は働いていないため汗は出ていません。

でも、中学生になると体が大きく成長し、ホルモンバランスにも変化が起こることで、アポクリン腺も刺激を受けて成長して、汗を活発に出すようになります。

そのアポクリン腺からの汗は、わきの下にいる常在菌のエサとなるため、汗に細菌が繁殖して、ワキガの臭いを発生させます。

アポクリン腺のない人は、急にアポクリン腺が出てきたりはしないので、中学生になってもワキガになることはありません。

中学生に急にワキガになったというよりも、もともとアポクリン腺を持っていたため、生まれつきワキガ体質だったということなんです。

また、中学生は汗の分泌が盛んな時期なので、ワキガの臭いも強くなりがちです。

でも早いうちに気付けばそれだけ早くからワキガ対策ができるし、これから大人になるまでのワキガの悪化を避けることもできるので、早く気付けることは実は良いことなんですよ。

ワキガは中学生の子どもにとって大きな悩み

中学生になると、心も体も大きな変化が起こることで少し不安定な状態になります。

ホルモンバランスが乱れたり皮脂の分泌が盛んになったりして、ニキビが増えたり、毛穴が広がったりなど自分の姿の変化に悩むことも多いでしょう。

また友人関係などの対人関係についてもこれまでよりも強く悩んだり落ち込んだりする時期でもあります。

自意識も強くなるので、自分が人からどう見られるのかということも意識したりしますよね。

そういう多感な時期に、ワキガの臭いがするとしたら、学校に行きたくなくなるほど悩む可能性もあります。

自分に自信がなくなって、臭いが気になって友達にも近づけないなんてなると、性格も暗くなってしまいます。

そうならないためにも、親が率先してワキガ対策をしてあげることが大切ではないでしょうか。

 

それなら、手術して治してあげればいいのかというとそうではありません。

中学生はアポクリン腺も成長途中ですので、手術したとしても取りきれずに残ったアポクリン腺が手術後に成長してしまい、ワキガが再発する可能性はとても高いんです。

また、手術にはデメリットもたくさんあるので、中学生には手術はまだ早いのです。

家庭でできるワキガ対策

まず、ワキガ対策として大事なことは、殺菌して臭いを抑えることです。

そのためには、市販のデオドラントも色々ありますが、一番効果的なのはワキガ専用のデオドラントクリームです。

市販のデオドラントよりも制汗・殺菌効果がとても高く、また効果の持続時間も長いので、朝塗れば夜までワキガの臭いに悩まされることはありません。

 

次に大事なことは、食生活の改善です。

アポクリン腺からの汗にはタンパク質や脂質が多く含まれているため、わきの常在菌が繁殖しやすいのですが、そのタンパク質や脂質は食事からくる栄養です。

食事内容に肉や乳製品が多ければ多いほど、アポクリン腺の汗が栄養たっぷりの細菌に好かれる成分になってしまいますので、食生活の改善が必要です。

肉や乳製品を控えて、野菜中心にすることで体質を改善して汗の質を変えていく必要があります。

食生活を変えたからと言ってすぐには効果はないかもしれませんが、長期的に考えるとワキガ対策として役立つことですので、ぜひ実践してみてください。

コメントは受け付けていません。