中学生の娘のワキガ対策はどうすれば良いの?

(記事タイトル・エプロンを来たお母さんに見える女性が体の正面でガッツポーズをしている画像)

中学生くらいになると、どんどん親の知らない世界が広がっていき、他人との関わりがとても増えていきます。

そういった人間関係の中で、自分が人からどう見られるか、変に思われないかといった自分に対する意識もどんどん強くなっていくでしょう。

そして中学生になるとホルモンバランスの変化や皮脂の分泌の増加もあるため、ニキビが増えたり、体臭が強くなったりと、特に女の子にとっては悩みの種になることも増えてきます。

体臭と言えるレベルならまだしも、ちょっと人よりくさいから、もしかしたらワキガかもしれないと悩む子供もいるかもしれません。

ワキガの臭いはアポクリン腺からの汗が原因なのですが、アポクリン腺は子どもの頃は働いていないのに中学生に急に発達して汗を出すようになるため、中学生に急にワキガの臭いがするようになります。

ただでさえ多感な時期に、ワキガの悩みも増えてしまうと、外出もしたくなくなるほど悩んでしまうかもしれませんよね。

もし自分の娘がワキガで悩んでいるようなら、どう助けてあげればいいのでしょうか。

制汗と殺菌でワキガの臭いを抑える

ワキガの臭いは、アポクリン腺からの汗に、わきの常在菌が繁殖することが原因ですので、汗を抑えて殺菌をすることで臭いはなくすことができます。

ドラッグストアにはたくさんのデオドラントがあり、どれも制汗や殺菌というキャッチフレーズが大きく書いてありますよね。

効能・効果として「ワキガ」なんて書いてあるものもありますが、実はワキガには効果がないものがほとんどです。

そもそも市販のデオドラントはワキガでない人用に作られたものなので、汗も臭いも少ない人が使うものなんです。

また、市販のデオドラントの多くは液体状なので、わきに塗っても汗ですぐに流れてしまうため、デオドラントの効果は持続しません。

塗ってすぐは汗もなくなって爽やかな香りがするかもしれませんが、すぐに汗は出てきて、1時間もするとまたワキガの臭いがしてくるんです。

ごく軽度のワキガなら効果は感じられるかもしれませんが、中程度~重度のワキガになると効果は全く感じられないなんてこともよくあるんですよ。

ワキガの人は、ワキガ専用のデオドラントクリームを使うことで、その高い制汗・殺菌効果によってワキガの臭いを抑えることができます。

市販のデオドラントで効果がなければ、ワキガ専用のデオドラントクリームを試してみるのが良いでしょう。

デオドラントを使う頻度

ドラッグストアで買えるようなデオドラントは、塗ってもすぐに汗で流れてしまうために、何度も塗りなおす必要があります。

また、デオドラントを塗るときにはわきの下は清潔にしておく必要があるため、そのたびに汗をきれいにふき取らなくてはいけません。

でも、授業の合間に必ず塗りなおすとなると、自由時間が全くなくなってしまいますよね。

それに、何度もわきをふき取ることで、肌荒れも気になってくるかもしれません。

マメにお手入れして清潔に保つ、というのも限度があります。

市販のデオドラントはワキガに効く制汗・殺菌効果が低いので、何度も塗りなおす必要があるし、そんなに塗りなおしていたらすぐになくなってしまいますよね。

 

ワキガ専用デオドラントクリームの場合は、有効成分が多く含まれていて制汗・殺菌効果が高いうえ、汗で流れたりしないので効果の持続時間が高いです。

そのため、市販のデオドラントのように何度も塗りなおす必要がなく、朝塗っておけば夜まで効果は続くので、忙しい中学生でも使いやすいですよね。

夜はお風呂に入って清潔にしたわきにデオドラントクリームを塗っておけば、朝まで効果が続くし、朝晩塗ることでさらにデオドラントの効果が実感できるようになりますよ。

親としても、自分の娘がワキガの悩みを解消して、楽しい中学校生活が送れるようにしてあげたいですよね。

ぜひワキガ用のデオドラントクリームを買って、清潔なわきに1日2回塗ることを教えてあげてくださいね。

コメントは受け付けていません。