ワキガが気になって通学に使うバスや電車に乗りたくない…

(記事タイトル・バスの車内が映った画像)

ワキガで悩む子にとって、通学に使う電車やバスのような閉鎖された空間は自分の臭いが気になって落ち着かないことと思います。

特に通学で使う電車やバスには同じ学校の生徒達がたくさん乗って混雑しているため、他人に密着した状態になりますよね。

吊革につかまったりしたらわきを上げなくてはいけないし、そうしたらワキガの臭いを拡げてしまうのではないかと悩むこともあるでしょう。

近くに知っている子がいたりしたら、ワキガのことを知られて噂されてしまうかもしれません。

そう思うと、もう電車やバスに乗ることが怖くなってしまい、学校に行けなくなるなんてこともあるかもしれませんね。

そんなことにならないためには、どうしたらいいのか考えてみましょう。

 

通学時間を早くしてみる

いつも同じような時間に電車やバスに乗っていると、混雑しているのはもちろん、いつも同じようなメンバーが周りに乗り合わせてしまいます。

そうすると、ワキガの臭いの原因人物が特定されがちですし、嫌な顔をされたり、避けられたりすることもあるかもしれません。

また、混雑した車内は暑くなるため汗をかきやすくなる上、車内は臭いがこもりやすいので、ワキガの人には苦痛ですよね。

 

でも、通勤でも通学でも同じことですが、早い時間って電車もバスもあまり混雑していないと思います。

混雑していないので他人と密着することもありませんし、蒸し暑くなりにくいし、他人にワキガの臭いが気付かれにくくなりますよね。

早起きをするのは少し大変ですが、通学で嫌な思いをしないために頑張ってみるのもいいでしょう。

通学は毎日のことですので、毎日ワキガの臭いを気にしながら通学するよりは、早起きして早い時間に快適に通学する方が、精神的にもストレスが少なくておすすめです。

ワキガが良くなるといった解決方法ではありませんが、少しでもストレスをなくすことはとても良いことです。

ストレスは汗腺を刺激して汗をたくさん出してしまいますし、そうするとワキガの臭いも強くなりますよね。

そうならないためにも、ストレスの原因は取り除くことが大事なんですよ。

 

ワキガの臭いを根本的に抑える

通学時間を早めることで、他人にワキガの臭いを気付かれるという不安は解消できますが、根本原因のワキガはそのままです。

電車やバスでの悩みは解消されても、教室などの狭い空間にいる時間もまた同じように悩みの原因になりますよね。

通学時間を早めることはできても、教室からは逃げることはできないので、やはりワキガの臭いを少しでも抑える必要はあるのです。

ワキガの臭いは、アポクリン腺という汗腺から出る汗が原因で、その汗に含まれるたんぱく質や脂質といった栄養を、わきの常在菌がエサにして分解し繁殖することで発生します。

汗を抑えることはもちろんですが、臭いの原因となる細菌が繁殖しないように抑えることがとても大事なことです。

細菌の繁殖を抑えれば、ワキガの臭いも抑えることができますよね。

そのためには、殺菌効果のある石鹸でしっかり体を洗って清潔にして、さらに殺菌効果の高いデオドラントを使うことで、細菌の繁殖を抑えることが大事です。

こまめに汗と細菌をふき取って、なるべく清潔にしておけば、ワキガの臭いは抑えることができるので、電車やバスも気にせずに乗れるようになりますよ。

 

あまりワキガの臭いを気にしすぎると、精神的なストレスになってしまい、さらに汗が増えてしまう原因にもなってしまいます。

もし、自分の子どもがワキガで悩んでいるようなら、上記のようなことに気を付けてワキガ対策をしてみてくださいね。

ワキガのことを気にせず、楽しい学校生活が送れるようにしてあげましょう。

コメントは受け付けていません。