ワキガ手術はまだ早い?中学生の娘にしてあげられるワキガ対策とは

(記事タイトル・お母さんに見える女性が×のポーズをとっている画像・エプロンのようなものを身に着けている女性でもOKです)

中学生になるとワキガの臭いがしてくる子もいるのですが、そんな時に親は何をしてあげたらいいでしょうか。

ワキガと言えば、よく手術したら治るなんて聞いたことがあるし、中学生のうちに手術しておけば、これから悪化しないで済むと考える人もいるかもしれません。

でも、中学生でのワキガの手術はおすすめできない理由があるんです。

 

中学生にはワキガの手術はおすすめできない理由

中学生くらいになると、それまで全然におわなかったのに急にワキガの臭いがするようになることがあります。

それは、急にワキガになったのではなく、もともとワキガ体質だったことに気付いていなかっただけなんです。

ワキガの臭いの原因になるのは、アポクリン腺という汗腺から出る汗なのですが、このアポクリン腺は生まれつき数が決まっています。

ほとんどアポクリン腺がない人から、アポクリン腺がたくさんある人までいて、アポクリン腺を多く持つ人はワキガ体質です。

でも、子どもの頃はアポクリン腺は未発達でサイズも小さいので、汗を出す働きもありません。

そのため、ワキガの臭いが出ることはないのです。

 

中学生になると体が成長して、ホルモンバランスにも変化が見られたり、皮脂がたくさん分泌されたりして、体臭が強くなったりします。

アポクリン腺も同じ頃に急に成長をはじめ、サイズが大きくなり汗をたくさん分泌するようになります。

アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や脂質が多く含まれていて、そこにわきの常在菌が繁殖することでワキガの臭いを発生します。

中学生は皮脂の分泌が盛んなこともあり、その皮脂と汗が混ざったところは細菌が繁殖しやすくなるため、ワキガの臭いも更に強くなってしまうんです。

 

アポクリン腺は中学生に一気に全部が成長するわけではなく、徐々に発達します。

だから、中学生の頃にワキガの手術をしてアポクリン腺を取り除いたとしても、その時にはまだ小さかったアポクリン腺は取り除くことはできません。

そして手術後に取りきれなかったアポクリン腺が大きく成長して、ワキガが再発してしまう可能性がとても高いんです。

そのため、中学生にはワキガの手術はまだ早いので、おすすめはできないんです。

 

また、手術の時にはわきの下をメスで切開するため、傷が残る心配もあります。

傷が気になって着替えができなかったり、わきの出る服が着られなくなったりと、別の悩みも増えてしまいます。

手術については、もっと成長してから考えることをおすすめします。

 

手術できないのならどうしたらいい?

ワキガの手術がまだ早いのなら、もう何も対策がないから泣き寝入りするしかない?なんてことはありません。

ワキガはしっかり対策すれば、他人に気付かれない程度まで臭いを抑えることだって可能なんですよ。

もし周囲にワキガの臭いのする人がいる場合、ワキガの臭いはどうやっても抑えられないんだと思うかもしれませんが、それはその人が何も対策していないだけなのです。

人の鼻は臭いに慣れてしまうため、ワキガの人も自分のワキガの臭いに気付いていない可能性もあるんですよ。

気づいていなければ、何も対策はしないため、ワキガの臭いもそのままになってしまっているのです。

 

ワキガの臭いを抑えるには、まずは汗の量を抑えて、細菌が繁殖しないようにすることが大切です。

市販のデオドラントよりももっと効果の高い、ワキガ用のデオドラントクリームを使えば重度のワキガの人でも臭いを抑えることができます。

中学生くらいでもデオドラントクリームを使うだけなら簡単にできることなので、試してみてほしいと思います。

また、生活習慣や食生活によっても体臭は左右されるものなので、脂っこい食事を控えて規則正しい生活を心がけてみることも大事なんですよ。

親として協力できることはたくさんあるので、親子一緒にワキガ対策をしてみてくださいね。

コメントは受け付けていません。